• TOP
  • 身長を伸ばす小学生・幼児・子ども

乳幼児期の成長特徴と身長の伸ばし方

4才までの乳幼児期は生まれたときの身長から2倍になるほどの急激な伸びをみせます。
一生の中で一番身長が伸びる乳幼児期の差は、将来の最終的な身長も決めてしまいます。
4才時点で平均より身長が低い子は何も手を打たなければ将来的にも小さいままかもしれません。

乳幼児期の成長特徴

4才時点で100cmが平均身長

4才時点での身長が最終的な身長を決めると書きましたが、この時期の成長は4年の間に50cmもの成長があるのです。
よく伸びると思われている思春期での成長が25cm程度と考えると、その成長の著しさが分かるのではないでしょうか。
4才の誕生日時点で100cmが平均身長の目安となるので、この時期に平均より高ければ将来的にも平均より高くなり、小食の子で100cmより低い場合はなんらかの対処をしなければ勝手に平均身長より大きくなることはありえません。

乳幼児期に身長を伸ばす方法

乳幼児期には激しいスポーツをすることもなければ睡眠時間も自然と多くとれる時期です。
乳幼児期は勝手に身長が伸びやすいことから身長の伸ばし方も非常にシンプルです。
『よく食べる子』はぐんぐんと身長が伸びる、ただこれだけなんです。

子供の小食を改善する方法

小食の子は年々と平均身長から遠ざかる

「うちの子はあまりごはんを食べないの」と心配になる親御さんもよく見かけます。
その心配する気持ち、実は当たっています。
小食な子は身体を作るための栄養が不足しているため身長は伸びにくくなります。
仮に毎年1cmずつ平均より身長が伸びていないとすると、小学校に入る6歳時点では平均から6cmの身長差が生まれることとなります。
たかが6cmと思うかもしれませんが、小学生が1年間に伸びる平均値はそれより少ない5cmしかありません。
つまり、1cmの積み重ねが小学校入学時点では既に平均的な身長の子と1学年分の身長差がついてしまうということです。

小食の子が身長を伸ばすには

子供が食事量を食べるように親御さんが工夫を重ねたとしても、この時期の子供はそれを理解していっぱい食べるということはありえない思った方がよいでしょう。
では、この時期に栄養素をいっぱい採らせるにはどうしたらよいか?
それは、『子どもの好きなおかずを好きなだけ食べさせる』ということです。
偏食をさせるなんて心配だと思うでしょうが、乳幼児期の子どもに嫌いな物を食べるよう強制しても子どもにストレスを与えるばかりか食事嫌いになってしまい、ますます小食につながる可能性があります。
乳幼児期はバランスの採れた食事よりも、いっぱい量を食べるということに重点をおくことが子供の身長を高くするのです。

好きなものばかりでも食事量を食べない場合

必要な食事量が採れないようであれば、別の手段で栄養素を採りいれるしかありません。
そのためにはサプリメントを積極的に活用することも医学的に推奨されています。
実際に8%にのぼる親御さんは乳幼児期からのサプリメントを既に取り入れています。
身長を伸ばすための栄養素はたんぱく質やアルギニン、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなどがありますが、この乳幼児期の栄養素は特定の栄養素を豊富に含んだサプリメントよりかは子供用にバランスよく考えられた栄養補助食品がよいでしょう。

オススメのサプリ:【のびるん】

身長の伸びを阻害する生活習慣

幼児期のお菓子は避けた方がいい?

好きなおかずを食べさせるといっても、子どもが一番好きなお菓子を食べたせいで食事を少なくすることは避けなければなりません。
特にスナック菓子やアイスのような脂質、糖質の多いお菓子は、成長に必要な成分を吸収する作用もあるためなるべく少なめにした方がよいでしょう。
極端なことをいえば、子どもにお菓子は食べさせなくても問題はないのです。
もし食べさせるなら、スルメや煮干しといった魚介類、ヨーグルトやチーズといった乳製品はどちらもたんぱく質やミネラルを豊富に含んでいるのでオススメです。

オススメのサプリ:【贅沢のびるんるん】

成長ホルモンの分泌を阻害する生活習慣

子供の成長には成長ホルモンの分泌が不可欠です。深夜でも起きている子や外で遊ばずに家の中ばかりで遊んでいる子は身長が伸びにくくなります。
夜9時には寝て外遊びをすることで成長ホルモンを促しましょう。
また、成長ホルモンは大人でも分泌されるため、お子さんと一緒に親御さんも睡眠時間や外遊びに付き合うことは家庭円満につながりやすくなります。

乳幼児期を過ぎたらもう平均身長は期待できないのか?

いろいろと不安をあおるようなことを書いてしまいましたが、もちろん乳幼児期を過ぎても平均値を取り戻すことはできます。
それは学童期(小学生の時期)に平均5cm伸びるところを6cm伸びるようにすればよいわけです。
もちろんそのためには、より栄養素を意識した食事や生活習慣を意識しなければなりませんが、平均値より身長を伸ばす方法は確かにあります。

オススメの記事:学童期(小学生の時期)の成長特徴と身長の伸ばし方

関連記事Related Posts