• TOP
  • 身長を伸ばす食べ物

なぜ納豆で身長が伸びるのか?納豆の身長を伸ばす効果と食べ合わせ

健康食品としても知られる納豆、実は身長を伸ばすための栄養素も多く含まれていることは知っていましたか?
今回は身長を伸ばすために納豆に豊富に含まれている栄養素、不足している栄養素、そしてそれを補うためにオススメな食材を紹介します。

1. 納豆のもつ身長を伸ばす効果

納豆はなぜ身長を伸ばすことができるのか

納豆は大豆を元にした加工食品です。
納豆には身体や骨を作る元となるたんぱく質が豊富なことから身長を伸ばす効果はおおいに期待することができます。
ただし、身長を伸ばすための栄養素はたんぱく質だけでは足りず、カルシウムやマグネシウムのような骨を作る成分もあわせてバランスよく採らなければ身長の伸びは期待できません。
納豆は身長を伸ばすためには確かにとても有効な食材ですが、納豆だけで身長を伸ばすということは難しいため、納豆が身長を伸ばすために優れている栄養素や不足している栄養素を把握してバランスのよい食事を心がけましょう。

2. 納豆の持つ栄養素

豊富な栄養素

納豆の持つ栄養素のなかでも身長を伸ばすために豊富な栄養素は以下のものがあります。

  • たんぱく質
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンD

納豆の成分には、特にたんぱく質が豊富に含まれています。
たんぱく質は新しい骨を作るためのコラーゲン生成の原料となる栄養素であり、生成されたコラーゲンにはカルシウムやマグネシウムが吸着することで骨となるため、骨の元として重要な栄養素として働きます。
また、現代人には不足がちなミネラルであるマグネシウムは納豆1パックを食べることで成長期である中学生の1日に必要なマグネシウム量のおよそ1/4を摂取することができます。
また、亜鉛やビタミンDにはたんぱく質の合成やカルシウムの吸収を助ける作用があるため、身長の伸びを促す効果が期待できます。

不足気味な栄養素

  • カルシウム
  • アルギニン

意外なことに納豆にはカルシウムもそれなりに含まれているものの、あまり多い量とはいえません。
また、アルギニンも含まれてはいますがこちらもあまり多い量とはいえません。
カルシウムは知ってのとおり骨の材料となる栄養素のひとつです。
アルギニンとは成長ホルモンの分泌を促す栄養素のことで、成長期の子どものうちは体内では十分な量が作られるわけではないため必須アミノ酸のひとつに含まれています。

3. 身長を伸ばすために合わせて採りたい食材

カルシウムを摂取しやすい食材

カルシウム=牛乳といえるほど、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれています。
コップ1杯の牛乳で納豆4パック分のカルシウムが含まれているほどカルシウムを摂取するためには優れている食材です。
その他に、桜エビのような殻付きの干しエビは牛乳よりも多くのカルシウムを含んでいるため、オススメの食材です。

アルギニンを摂取しやすい食材

身長を伸ばすための必須アミノ酸であるアルギニン、一日に必要な摂取量はおよそ5,000mg程度が目安となります。
しかし、納豆1パックに含まれるアルギニンの量はおよそ500mg程度であるため、1日の摂取量にはほとんど足りていません。
アルギニン摂取に有効なのは、豚のゼラチンや湯葉、カツオブシなどがありますが、食べる機会の少ない食材であったり、多くの量を食べられる食材でなかったりするものがほとんどです。
料理にこだわりのある方であれば問題ないかもしれませんが、毎日食卓で出すには難しいといった場合にはサプリメントで摂取することが最も効率的です。

オススメのサプリ:【Dr.Senobiru】

関連記事Related Posts