• TOP
  • 身長を伸ばす食べ物

牛肉で身長を伸ばす!その効果はホント?効率的な食べ合わせと注意点

牛肉には身長を伸ばす効果のある栄養素が多く含まれています。
そのため、身長を伸ばす効果があると言われることもあるのですが、実際のところどうなのか?栄養学の観点から牛肉と身長を伸ばす関係について検証します。

1. 牛肉の持つ栄養素

豊富な栄養素

牛肉の持つ栄養素で特に身長を伸ばすために必要な栄養素には以下のものがあります。

  • たんぱく質
  • アルギニン
  • 亜鉛

特にたんぱく質やアルギニンのように骨を伸ばす作用を持つ栄養素を多く含んでいるため、牛肉を食べることで身長を伸ばす効果を期待できそうです。

不足気味な栄養素

逆に、身長を伸ばすためには不足気味である栄養素は以下のものがあります。

  • カルシウム
  • マグネシウム

牛乳や小魚に多く含まれるカルシウムですが、牛肉からはほぼ摂取することができません。
また、マグネシウムもある程度含まれているのですが、身長を伸ばすために効果的といえるほどには多く含まれていません。

2. 牛肉の身長を伸ばす効果

牛肉は身長を伸ばすのか?

牛肉に豊富に含まれる栄養素だけ見てみると、確かに牛肉を食べることで身長を伸ばす効果は期待できそうです。
身長を伸ばすことは骨を伸ばすことと同じことですが、牛肉のなかには骨を伸ばすために使われるたんぱく質やアルギニンといった成分が豊富にふくまれているからです。
たんぱく質は骨の元となるコラーゲン繊維の生成、アルギニンは成長ホルモンの分泌に使われる栄養素であるため身長を伸ばすためには効果的です。
ただし、身長を伸ばすためには牛肉が必ずよいといえるわけではありません。

牛肉の問題点

牛肉は身長を伸ばすために有効ではありますが、圧倒的に不足している栄養素にカルシウム、そしてマグネシウムも含まれているもののあまり多い量ではありません。
骨が出来るには、骨の元となるたんぱく質から作られたコラーゲン繊維にカルシウムやマグネシウム、リンといった栄養素が吸着することで硬い骨が出来上がります。
牛肉の栄養素のようにカルシウムやマグネシウムといった骨を硬くする栄養素が不足している場合、骨に作られたコラーゲン繊維は骨になることは出来ずに分解されて身体に吸収されてしまいます。
また、牛肉には脂質が多く含まれている点も問題で、身長を伸ばす目的で牛肉ばかりを献立にして食べていると、肥満体や小児生活習慣病になる危険性もあります。

3. 身長を伸ばすために合わせて採りたい食材

カルシウムを補える食材

カルシウムが多く含まれる食材では牛乳が一番です。
ただし、牛乳も牛肉と同じく脂質が高めであることが問題となるため、脂質の少なめである低脂肪の牛乳がオススメです。
また、桜エビのような殻付きの干しエビはカルシウムが豊富で脂質も少ないため、牛肉との相性はよくなります。

マグネシウムが豊富な食材

マグネシウムが多く含まれるのは大豆製品に全般的に含まれていますが、中でもにがり(塩化マグネシウム)で加工される豆腐が一番のマグネシウムを含んでいる食材です。
その他には、ナッツ類や海藻類にもマグネシウムは含まれています。

牛肉よりも身長を伸ばす効果の高い食材

牛肉に含まれるたんぱく質はアミノ酸スコア100であるため、身体に必要なアミノ酸は全て採ることが出来る良質なたんぱく源になります。
しかし、アミノ酸スコア100のたんぱく質を含む食材は他にもあるため、以下の食材であれば牛肉と同様の効果が期待できるだけでなく、健康的であるためオススメします。

  • 魚介類
  • 鶏の卵

特に魚介類は、牛肉と同じく脂質が多く含まれているものですが、牛肉とは異なりDHAやEPAを豊富に含んだ良質な脂質であるため、肥満体や小児生活習慣病の予防にも繋がる効果があり、さらには脳の活性化にも繋がることから聡明な子どもの成長する効果を期待できることから魚介類をオススメします。
魚介類の中でも、特に『イカ』は栄養源が豊富であるため、身長を伸ばすためには毎日でも食べてもらいたい食材です。

オススメのサプリ:【フィジカルB】

関連記事Related Posts