• TOP
  • 身長を伸ばす食べ物

豆乳が身長を伸ばす効果がある?豆乳のもつ栄養素と効率的な摂取方法

健康食としても知られる豆乳、実は身長を伸ばすための栄養素もかなり優れていることは知っていますか?
身長を伸ばすためになぜ豆乳が優れているのか、豆乳が優れている栄養素、不足している栄養素、それを補う食材や豆乳の飲み方を紹介します。

1. 豆乳の持つ栄養素

豊富な栄養素

豆乳の栄養素の中でも身長を伸ばすための栄養素で特に優れているのが以下の栄養素です。

  • たんぱく質
  • アルギニン(アミノ酸)
  • マグネシウム

その他、身長を伸ばすための栄養素のほとんどは含まれています。

不足気味な栄養素

豆乳の栄養素の中でも身長を伸ばすための栄養素で特に不足しているのが以下の栄養素です。

  • カルシウム

2. 豆乳の身長を伸ばす効果

豆乳は身長を伸ばすのか?

豆乳のもつ栄養価はかなり高く、身長を伸ばす効果は十分にある飲料だと思います。
特に、骨や身体の材料となるたんぱく質はアミノ酸スコア86と比較的良質なたんぱく質といえ、成長期の子どもにとっては必須アミノ酸であるアルギニンが豊富に含まれていることで成長ホルモンの分泌を促す効果も高くあります。
しいていうなら、マグネシウムに対してカルシウムの量が少ないため、カルシウムを補う牛乳や小魚を摂取することで骨の成長にもよい効果を発揮します。

豆乳のカルシウムとマグネシウム

骨を作るためには、骨の土台となる「たんぱく質」、骨を固める「カルシウム」「マグネシウム」「リン」が最低でも必要になります。
そのうちリンは加工食品の添加物から摂取することが多いため、基本的には摂取過剰になりやすい栄養素です。
そのため、現代人では不足気味といわれているカルシウムとマグネシウム、そしてたんぱく質を特に意識的に摂取しておきたい栄養素です。
特にカルシウム2:1マグネシウムの割りあいが理想的な摂取量です。
カルシウムは摂取過剰をすることで骨になる前に体外に一緒に排出される作用が働くのですが、その際にマグネシウムも一緒に作用があるため、栄養バランスが崩れることで摂取した栄養素がうまく体内に活用されない可能性が高いのです。

調整豆乳と無調整豆乳

調整豆乳とは飲みやすくするために、甘味を付けたり別の栄養素を付け加えている豆乳のことで、手を加えずに豆乳本来の味や栄養素を持っているが無調整豆乳です。
豆乳の栄養素が高いのは無調整豆乳であることから身長を伸ばすためには無調整豆乳がもっとも適していますが、子どもにとっては豆乳の味が嫌いな子も多いため調整豆乳の方が飲みやすいかもしれません。
ただし、調整豆乳は無調整豆乳に比べて栄養価が2/3程度に落ちてしまう問題があるため可能な限り無調性豆乳を選ぶことをオススメします。

3. 身長を伸ばすために合わせて採りたい食材

カルシウムを補える食材を

カルシウムといえば、牛乳や小魚に多く含まれている栄養素であるため、牛乳や煮干しなどと一緒に豆乳を摂取するのが効果的です。
身体に吸収される効率を考えると最も優れている食材は牛乳であるため、牛乳1:1無調整豆乳の割りあいで飲むことで効率的な栄養摂取を望むことができます。
牛乳は大丈夫だけどちょっと豆乳は苦手といったお子さんであれば、多少牛乳を大目に混ぜることで飲みやすくなるかもしれません。
さらにはセノビックのような栄養補助食品を足すことで身長が伸びる効果+子どもにとって飲みやすい飲み物にするということもできます。
セノビックには身長を伸ばすための他の栄養素の補給にも使えるのですがカルシウムがあまり含まれていないことから必ず牛乳を混ぜ合わせる必要はあります。

オススメのサプリ:セノビック

関連記事Related Posts