• TOP
  • 身長を伸ばす中学生

中2の時期の特徴と身長を伸ばす方法

中2病とも言われるこの時期に起こる自立心の高まり、異性への興味、反社会的な態度などの心の変化はさまざまなトラブルのもととなり、ストレスによって身長が伸び悩みがちになる中2の時期の特徴と効果的な対処方法を紹介します。

1. 中2の成長と特徴

思春期との戦い

思春期とは、心身ともに性的な変化が見られる時期で、男の子であれば精巣の発達、女の子であれば卵巣の発達が見られるようになります。

身体の変化に伴い、心の中ではもっと異性にもてたい、みんなに認められたいという欲求が強く出ることで人とは違う自分をアピールしやすくなる時期にあります。

いわゆる中2病ともいわれるような急にヤンキーキャラになりきったり不思議ちゃんキャラになりきるなどの大人から見ると理解できない行動をとりやすくもなります。

中2になることで先輩扱いされる

小学生のころのゆるい上下関係に比べて、中学生になると年上の生徒は先輩と呼ぶことが礼儀になるなどはっきりとした上下関係が求められる年代です。

中学2年生になることで後輩も出来ることから、先輩と呼ばれて偉くなったような錯覚も覚えてしまいます。

中2の時期に陥りやすい生活習慣

この時期の子供は家族との関係よりも友達との関係を優先したい時期であり、スマホなどは家にいながらも友人と繋がることのできる非常に便利なツールとして依存的になりやすいです。

その一方で人付き合いが複雑化することによって友達や先輩とのトラブルに発展しやすくなることから、特にストレスに悩まされやすい時期でもあります。

ストレスは成長ホルモンの分泌を阻害することから、身長の伸びが停滞するだけでなく、精神疾患などの重度の症状に発展することもあるため注意が必要です。

また、夜更かしや部活動での運動力の増加なども身長の伸びに悪い影響を与えます。

2. 男の子と女の子での違い

中2男の子の特徴

中2の男の子は女の子に比べて反社会的になりやすく、少し背伸びをして大人の真似事をしたり、親に隠れて少し悪いことをしたがる時期でもあります。

先輩や同級のマネをして悪さをすることを好み、性的なことに強い興味を持ち始めます。

中2女の子の特徴

中2の女の子は特に友人関係が複雑になりやすく、相手によって態度を変えたり仲間外れにするなど友人関係のトラブルが起きやすい時期です。

月経の開始などでイライラしやすかったり不安を感じやすくなることから不幸な自分をなげく思考があったり、恋愛に強い興味を見せやすくなります。

3. 成長ホルモンの分泌で身長を伸ばす

成長ホルモンの分泌を促す

中2の時期は成長ホルモンの分泌を促すことで身長は伸ばしやすくなります。

成長ホルモンの分泌を助けるのは、アルギニンという成分でかつおぶしや豚肉のゼラチン部分、分離大豆たんぱくなどに多く含まれています。

また、睡眠時間の22時~翌2時ごろが成長ホルモンの分泌しやすい時間であるため、身長が伸びやすくなります。

その他にもサイクリングのような軽めの運動であっても成長ホルモンの分泌を促す効果を期待できます。

オススメの商品:【Dr.Senobiru】

ストレスの解消

成長ホルモンを阻害する大きな要素になるのはストレスです。

中2の時期には反抗期になる年頃であり、親や教師との葛藤、友達関係の複雑化などでストレスは溜まりやすい年頃です。

そのとき、親として大切なことは子供の言い分によく耳を傾け、大人から指示を与えるのではなく、アドバイスをおくることにより自分で判断させてやる機会を与えることで子どもを理解することがストレスの軽減にもつながります。

また、自分の世界に浸ることで気持ちの整理をつけられるようにヘッドホンで音楽を楽しむ、アロマなどの好きな香りで落ち着いた空間を楽しむこともストレスの軽減には効果が期待できます。

オススメの記事:中学生の身長を伸ばす食事・運動・睡眠・ストレス解消方法

関連記事Related Posts