• TOP
  • 身長を伸ばす中学生

身長の伸びが止まった中学3年生でも身長を伸ばす方法

最高学年となる中学3年生のころになると責任ある立場につくこともあり、同時に受験戦争に突入することでストレスがかかりやすい一年になります。
このストレスが実は身長の伸びを止めている原因になっているかもしれません。
中学3年の時期の身長の伸ばし方とストレスの緩和の方法を紹介します。

1. 中3の成長と特徴

思春期(反抗期)からの落ち着き

中学生の最高学年となり下級生を引っ張る立場となる中学3年生になると2年生のころに比べると心の安定が出始める時期になります。
特に女の子はこの頃には思春期の終わりを迎える子も多く、中学2年生のころに比べてはるかに安定してきます。
しかし、心の安定を迎えると同時に身長の伸びはストップしてしまう女の子も出始めてきます。

女の子は身長の伸びが止まってしまう

身長の伸びは男女ともに思春期開始からおよそ5年程度で完全にストップしてしまいます。
そして、女の子は10歳ごろから思春期を迎える子が多くいるため、15歳になる中学3年のころには身長の伸びが完全に止まってしまう子がほとんどとなり、男の子も身長の伸びが止まりかけている子が多くいます。
ただし、なかには完全に身長の伸びが止まってしまっているわけではなく、身長が伸びる可能性がある子も多くいおり、身長の伸びを停滞させるストレスなどの原因を取り除くことで最後に数cmでも身長が伸びる可能性があります。

中学3年生が抱えやすいストレス

中学3年生のストレスの原因になりやすいのが受験ストレスによるものです。
また、大人への身体へと成長したことから恋愛に対しても積極的になっていくため、失恋などで深いストレスを感じることもありますし、複雑化する友人や後輩、先生との関係に悩むことでストレスを抱える子も多くいるでしょう。
ストレスがかかると成長ホルモンの分泌が妨げられるため、精神面での不安定さを抱えるだけでなく身長の伸びにも悪い影響を及ぼします。
そのためストレスを解消するだけで身長の伸びが高まる子や、サプリメントなどで成長ホルモンの分泌を促すことで身長の伸びが高まる子もいます。

2. 男の子と女の子での違い

中3男の子の特徴

女の子に比べて思春期が遅めである男の子は中3の時期は思春期のまっただ中にいる子がほとんどです。
もてたい、自己を確立したいといった気持ちが強くあらわれるため、気の強い子はより強く態度に出しやすくなり、気の弱い子はより強い子を避けて行動するようになります。
また、中学3年生は受験勉強で忙しくなることもあり、男の子は遊ぶ時間を削ることに対してのストレスが強く出やすくなります。

中3女の子の特徴

女の子は中学3年生のころには思春期を終える子も出ることで、中学2年生のころに比べて精神的に安定しやすく反抗期も過ぎている子が多くいます。
その一方で受験ストレスや最上級生として責任を感じやすい立場でもあることから、周りからの重圧にストレスを感じることは多くあります。

3. 身長を伸ばすためには成長ホルモンを促す

成長ホルモンを促す栄養素

中学3年生であれば、まだ骨端線が残っている可能性が高く、身長の伸びが止まった子であっても成長ホルモンの分泌を促すことでまだ身長の伸びる可能性を秘めています。
成長ホルモンを促すための栄養素は『アルギニン』が有効で、豚のゼラチンや鰹節、湯葉などのあまり日常的に多くを食べない食材に含まれており、一般家庭の食事で身長が伸ばすために必要なアルギニン量を摂取している子はほぼいません。
そのため、アルギニンを摂取する場合はサプリメントの力を頼ることが負担なく毎日続けられるためオススメです。

オススメのサプリ:【Dr.Senobiru】

成長ホルモンを阻害するストレスの緩和

中学生の最高学年となり責任ある立場に立ちやすくなることから、うまくいかないことがあったりどうしたらいいのかと悩む学生も多くいます。
また、同時に自己の確立により親や教師の力を頼らずに自分ひとりの力や友達に相談することでどうにかして解決したくなる時期でもあります。
しかし、経験の浅い中学生の時期であればうまく物事が進まない自分自身に腹を立ててしまうことも多くあるでしょう。
そのような場合は、経験豊富な親や先生のような大人に頼ることで実はうまくいくための秘訣を多く知る機会ができます。
最後の決断は自分自身でつけることが重要ですが、周りの経験豊富な人の意見を聞いてから決断することがよいでしょう。
悩みを早く解決することもストレスの緩和には有効です。

関連記事Related Posts