• TOP
  • 身長を伸ばす中学生

女子の平均的な身長と身長を伸ばすために必要なサポート

女の子の憧れであるモデル体型、そのためにはスラリと伸びた脚線美やある程度の身長の高さは必要になります。
世代別の女子の身長の特徴と身長を伸ばすために必要な基本的な考え方、そして健康的で身長の伸びに影響を与えにくいダイエット方法まで教えます。

1. 日本の女子の平均身長

成人女性の平均身長

日本の成人女性の平均身長はおよそ158cm程度です。
身長を伸ばすためにはこの平均身長を意識しながらどれだけ身長が足りていないかを把握していくことが大切になります。

乳幼児期の平均身長

生まれたての乳児の平均身長は男の子も女の子もおよそ50cm程度ですが、出産直後の身長が平均より低いからといって心配はいりません。
未熟児で産まれたとしても平均より大きく伸びるケースは多くあります。
子供の身長の伸びは生活のなかでの栄養の摂取量によって変わります。

幼児期の平均身長

幼児期の4歳児の平均身長はおよそ100cm程度で、たった4年の間に50cmほどの驚異的な成長を見せます。乳幼児期が人生のなかで一番身長が伸びる時期なのです。
そのため、4歳時点で平均身長より高ければ大人になったときの最終身長も平均より高くなる可能性は高くなります。
この時期にはとにかく食事量が多い子は身長が高くなります。

学童期(小学生)の平均身長

4歳以降、身長の伸びは小学校高学年の10歳ごろまで一定の幅で伸び続けます。
毎年コンスタンスに5.5cm以上伸びていれば平均的な成長といえるでしょう。
平均身長より低い場合は、毎年平均より1cm伸び幅を上げること目的にサポートすることで平均身長に追いつく可能性は高まります。

思春期以降の平均身長

女の子が思春期を迎えるのは平均的に小学校高学年の10歳ごろからです。
思春期に突入することで1年間に8~9cm程度の急激な身長の伸びを見せる子が出始めますが、この時期からは平均身長については意識する必要がありません。
平均身長では思春期に突入した子とまだ迎えていない子が混同しているため、1年間に5.5cm以上の伸び幅を保っていればあまり気にする必要はないでしょう。
むしろ思春期に遅れている方が将来的には身長の伸び幅は高くなるのです。

思春期の身長の伸び方

実は思春期の身長の伸びはあまり個人差が出るものではなく、およそ5年間で23cm(男の子は25cm)程度と決まっています。
そのため、思春期を迎えたときの身長が135cmであれば平均身長の158cmにはなるだろうと予測することができます。
逆に同じ時期に身長が135cmだった子が1年遅れで思春期を迎えたとしたら、思春期突入までに5.5cm伸びる期間の余裕ができるため、最終的な身長は5.5cmプラスした163.5cm程度になると予測できます。
つまり、身長を伸ばすためには思春期突入が遅れる方が将来的に差を付けやすくなるということです。

身長を伸ばすサポートが必要かの判断方法

身長を伸ばすサポートが必要かどうかの判断は思春期突入の10歳ごろまでは平均身長より低い場合、そして10歳ごろの思春期突入時の身長が135cm以下の場合は身長を伸ばすための適切なサポートを行わなければまず間違いなく将来的にも身長は低いままでしょう。

2. 女子と男子の身長の伸びの違い

思春期突入までは男女差はあまりない

男の子と女の子の身長の高さの違いは、大人の身体へと成長する思春期が深く関係しています。
思春期前までの10歳ごろまでは男の子も女の子も身長には違いはありません。

女の子は思春期が早い分将来的に伸び悩む

女の子は男の子に比べて1年ほど早く思春期が訪れるといわれています。
そのため、男の子は平均的に5.5cm分身長が伸びる期間が延長されやすくなります。

思春期での成長の違い

思春期とは第2次性徴とも言われており、男女ともに子孫を残すための性的な変化が起こります。
そのため、男の子はガッチリとした男らしい身体に、女の子はふっくらとした女性らしい身体へと変化していきます。
この成長は身長の伸びにも影響していて、男の子は5年で25cm程度成長しますが、女の子は5年で23cm程度の成長と差が出てきます。

3. 女の子の身長の伸ばし方

思春期までに身長を伸ばしておく

前述したとおり、思春期に入るとある程度の成長幅が決まってしまい、それ以降の成長は難しくなります。
学童期までに可能な限り身長を伸ばしてくことが将来の身長を高くすることにつながります。

身長を伸ばすためには食事が重要

特に人生で一番身長が伸びる時期である4歳までは、とにかく食事の量をどれだけたくさん食べたかが重要になります。
4歳ごろでは嫌いなものを無理に食べさせると食事嫌いになる可能性も高いので、好きな物ばかりであってもとにかく食事量を食べさせることが大切です。
ただし、子どもが大好きなスナック菓子や甘いものは身長を伸ばす栄養素が身体に吸収されにくくする作用があるため、お菓子だけはあまり多く食べさせない方がよいでしょう。

身長を伸ばす栄養素

身長を伸ばす栄養素にはたんぱく質、カルシウムやリン、マグネシウム、ビタミンDなどがあります。
『身長が伸びる』=『骨が伸びる』ということですが、骨が伸びるためにはたんぱく質から作られるコラーゲン繊維が骨の土台を作ることで骨が伸びて、カルシウムやマグネシウムといった骨の材料がコラーゲン繊維に染み込むことで固い骨が作られます。
そのため、身長が伸びている時期はバランスよく栄養素を採ることが重要になります。
身長の伸びが悪い子は小食の可能性が高いため、食事量を増やすことが一番ですが、難しい場合はサプリメントなどで必要な栄養を補うことは医学的にも推奨されています。

オススメの商品:【のびのびスムージー】

思春期の終盤は成長ホルモンの分泌を促す

身長が伸びる時期には身長を伸ばす栄養素がまんべんなく必要になりますが、思春期の終盤になると骨の伸びが悪くなりはじめます。
この時期に骨を固める栄養素を採りすぎると骨が伸びきる前に骨端線が固まってしまいます。
そのため、骨を伸ばす効果の高い『アルギニン』を摂取することで少しでも骨が伸びる期間を長くすることが大切です。
思春期の終盤の目安は女の子であれば初潮が始まったころが思春期の終盤に入った目安になります。

オススメの商品:【Dr.Senobiru】

ダイエットは身長を伸ばす目的で行う

最近では小中学生の伸び盛りのうちにモデルやアイドルに憧れてダイエットに挑戦する女の子も増えています。
しかし、食事量を減らすようなダイエットはスリムになることと引き換えに不健康な見た目になりやすく、肌ツヤがなくなり脚の長さも成長が止まってしまう恐れがあります。
脂肪の主な原因は『糖質』が原因であるため、甘いものや炭水化物を控える『糖質(炭水化物)ダイエット』がダイエットにも身長や脚の長さを伸ばすためにはオススメです。
このダイエット法であれば食事量を減らすことなく、健康的でスラリと長い脚線美の見た目を手に入れやすくなります。
ただし、炭水化物を全く摂取しなければ身体を作るたんぱく質などからエネルギーを手に入れようとするため、脚や身長は伸びなくなります。
最低でも朝食でごはんやパンなどの炭水化物は必ず摂取するようにしましょう。
もちろんダイエットを行うとしても、健康的でスラリとした美しい身体を手に入れるためには、睡眠や運動が必要不可欠です。

関連記事Related Posts