• TOP
  • 身長を伸ばす中学生

中学生男子の成長特徴と身長を伸ばす方法

中学生の男の子の急激な身長の伸びには思春期が深く関わっています。
思春期には成長の段階があるため、段階に合わせたサポートでなければ逆に身長の伸びを止めることに繋がるかもしれません。
中学生の男の子の成長特徴を理解した適切な対処が重要です。

1. 中学生男子の身長の伸び方と特徴

中学生男子の身長の伸び方

男子中学生は女子中学生に比べると幼い印象があると思いますが、それは身長の伸びにも影響をします。

身長の伸びは思春期で大きな変化を迎えるため、思春期の遅い男の子は女の子よりもゆっくり成長するのです。

そのため、中学生で身長の伸びが止まる女の子がいる一方で、男の子は急激な身長の伸びを見せ始める子が多くいます。

思春期の身長の伸びは1年間で8.5cm程度の急激な成長を見せますが、この急激な伸びはわずか2年しか続きません。

その後は身長の伸びは停滞していき、およそ3年後に身長の伸びは完全にストップしてしまいます。

中学生の時期の男の子は急激な身長の伸びを見せる子と身長の伸びが停滞し始める子が混在する時期なんです。

身長が伸び始める思春期の見極め方

思春期は男の子でも早い子では小学校4年生には始まっており、中学生では全ての男の子が思春期に突入します。

思春期の見極め方は、陰嚢と呼ばれる玉袋が肥大して赤身を帯びてくるのを確認できれば分かりやすいですが、プライベートゾーンをチェックするのは親御さんではなかなか難しいかと思います。

目に見えない精神面では親の干渉を嫌がる、自分の見た目を気にし始める、イライラしやすいなどの特徴が出れば思春期に突入している可能性が高いです。

同時にお子さんをよく見ていると急激に身長が伸びているなと感じることが出来るかと思います。

身長の伸びが停滞する時期の見極め方

急激な身長の伸びを見始めた2年後に身長の伸びは停滞し始めます。

分かりやすいサインとしては『声変わり』による身体の変化です。

声変わりや女の子の初潮は思春期突入のサインと勘違いされやすいのですが、実は声変わりは大人の身体になる最終段階であるため、声変わりをするあたりから身長の伸びも止まり始めるのです。

2. 身長を伸ばす栄養素の採り入れ方

栄養素は成長段階に合わせる

思春期当初の身長が伸びる2年と、それ以降の身長の伸びが止まる3年では身長の伸ばし方を変えてやる必要があります。

身長が伸びる2年の時期には学童期の身長の伸ばし方と基本的な違いはありません。
骨を伸ばす栄養素と骨を固める栄養素を積極的に採りいれることで身長の伸びが少しでも増えるようにアプローチします。

身長の伸びが止まる3年に突入した後で必要なことは成長ホルモンを促すことで少しでも長く骨を伸ばす期間を増やすことにあります。

そのため、骨を伸ばす栄養素を積極的に採りいれ、逆に骨を固める栄養素は少し控えめにします。

学童期(小学生の時期)の成長特徴と身長の伸ばし方

身長が伸びる2年に必要な栄養素

骨を伸ばす栄養素である『たんぱく質』『アルギニン』、そして骨を固める栄養素である『カルシウム』『ビタミンD』『りん』『鉄分』などを積極的に採りいれると効果的です。

オススメのサプリ:【フィジカルB】

身長の伸びが停滞する3年に必要な栄養素の採り方

成長ホルモンを促すことに力を入れるため『アルギニン』を積極的に採りいれることをオススメします。

逆に、カルシウムのように骨を固める作用のある栄養素は控えめにします。

オススメのサプリ;【Dr.Senobiru】

3. 男の子特有の悪い習慣が身長を低くする

遊びに夢中になって夜寝るのが遅くなる

成長ホルモンは寝ている間に分泌されるため睡眠時間が少なくなると身長の伸びにも悪い影響を与えます。

しかし、男の子の場合は興味があることに夢中になりやすい傾向が強いため睡眠時間を削ってでも遊びの時間に費やしてしまいます。

成長ホルモンが分泌されやすいゴールデンタイムは11時~翌2時の間であるため、10時には寝てしまう方が身長も伸びやすく、同時に成長ホルモンの作用で心の安定の効果も期待できます。

そのため、遊ぶ時間やテレビを見る時間は9時までにして寝るための準備に備えることが大切です。

ただし、これには親の協力が不可欠になります。9時以降は親も子供に合わせて読書や音楽、アロマなどを楽しむなどのゆとりある暮らしが望ましいでしょう。

男の子がかかえるストレス

ストレスは成長ホルモンの分泌を阻害する作用があるため、ストレスがかからない環境にいる子の方が身長は伸びやすくなります。

中学生の時期は身体の変化に心がついていかず思春期特有のストレスを抱えやすい時期にあります。

特に自立したい、女の子に興味がいくことてモテたいという願望も出てくるでしょう。

反抗期ともいわれるこの時期に注意したいことは、親が干渉しないことが一番適切な対応方法です。

「うざい」といった言葉が出てくると親は傷つくでしょうが、それは大人になるための正常な成長の証です。

売り言葉に買い言葉といった不毛なケンカにならずに、大人が受け流す余裕を持った対応をしてあげることが子どものストレスを軽減することに大切です。

関連記事Related Posts