• TOP
  • 身長を伸ばす中学生

中学生の成長特徴と身長の伸ばし方

中学に入ってから周りの子は一気に身長が伸び始めているのに、うちの子はなかなか伸びないと思うと心配になるかと思います。
しかし、実は身長が伸びていなくても安心していい時期と心配すべき時期があるのです。
中学生は大人の身体へ変化していく難しい時期であるため、身長を伸ばすためには身体の変化にあわせた適切なサポートを行ってあげましょう。

1. 中学生時期の成長特徴

中学生は思春期の発達で身長が伸びる

中学生の時期は、一般的には思春期といわれる第二次性徴(だいにじせいちょう)による性的な発達がほぼ全ての子供に見られる時期です。

この性的な発達によって、男の子は男らしく女の子は女らしい体つきの大人な身体に成長していきます。

中学時代の急激な身長の伸びは思春期の身体の変化と一緒に起こり、この急激な身長の伸びが人生で最後の身長が伸びる時期になります。

身長が伸びているか伸びていないかは思春期に突入しているのかしていないかの違いで心配がいるか心配いらないかの判断ができます。

思春期前で周りとの身長の伸び方が遅い点はまったく心配いりませんが、思春期を迎えたあとで身長の伸びが悪くなってきている場合はもう身長の伸びが止まる時期に入っているかもしれません。

中学生の身長の伸び方

中学生の時期にはほとんどの子が迎える思春期では身長の伸び幅は統計的に見ても個人差はありません。

およそ5年間で男の子は25cm、女の子は22cmの伸びを見せますが、よく伸びる期間は最初の2年間のみです。

思春期に入ることでそれまで1年間で5cm程度だった身長の伸びが、男の子では8~9cm、女の子では7~8cmほどの急激な伸びにかわります。

よく伸びる2年が過ぎるとそれ以降は1年に4cm、2cm、1cmと年々伸び幅が低下していき3年程度たつと身長の伸びが完全にストップします。

思春期が早かった女の子であれば中学生の時期に身長の伸びが止まる子もいるかもしれません。

逆に男の子は思春期が遅めであるため、中学生の時期に思春期を迎える子も多くいて1年間で8cmほどの急激な身長の伸びを見せることは珍しくありません。

2. 思春期開始の見分け方

身体の変化から見る思春期突入のサイン

思春期は大人の身体へ変化していくため、女の子であれば乳房の膨らみ、男の子であれば陰嚢と呼ばれる金玉袋の増大が起こります。

女の子は表面的にも分かりやすいのですが、男の子の場合はお母さん方では見極めも難しいかと思いますので、毎月の身長の伸び幅を計測しておくと分かりやすいです。

学童期であれば、ひと月でおよそ4~5mm程度の伸び幅ですが、思春期に突入するとひと月の伸び幅が7~8mm程度にも増えます。

初潮や声変わりは思春期開始のサインではない

思春期の特徴として分かりやすい初潮や声変わりですが、実はこれらの身体の変化は思春期を迎えて急激な身長が伸びる2年が過ぎたあとで起こるため、思春期開始の目安にするには遅すぎるでしょう。

また、身体的な特徴だけでなく、急激な身体への変化から心が不安的になりやすいのが特徴であるため、親の干渉を避けたりイライラしやすい、自分の見た目を気にし始めるなどの内面の特徴が思春期の始まりのサインとして捉えやすいかと思います。

3. 中学生の身長の伸ばし方

栄養・睡眠・運動の順番で優先順位をつける

周りと差を付けるためには思春期前の学童期までに身長を伸ばしておくことが理想ですが、思春期に入った後の中学生でもまったく差をつけられないわけではありません。

身長を伸ばすために適した時期は、思春期初期の急激に身長が伸びる時期です。

この時期に1年間に+1~2cmの伸び幅を高めてやることで、思春期の5年間で伸びる予定の25cm(22cm)に+2~4cmの伸び幅を増やすことができます。

オススメのサプリ:【フィジカルB】

急激に伸びる2年間での伸ばし方

基本的な身長を伸ばし方は学童期と変わりがありません。

特に重要になるのが、アルギニンのように成長ホルモンを促す成分、たんぱく質のように骨を伸ばす成分をよく摂取することが大切になります。

また、カルシム、リンなどの骨を作る成分もあわせて摂取しておくことが大切になります。

関連記事:学童期(小学生の時期)の成長特徴と身長の伸ばし方

思春期後期の伸びが止まる3年間での身長の伸ばし方

身長の伸びが止まる3年間に入ると骨の伸びるスペースとなる骨端線が閉じていくこの時期での成長に重要なのは、骨端線を固める動きを少しでも鈍らせてやることにあります。

そのため、カルシウムやリンのように骨を固めてしまう成分を積極的に採ることは中止して、アルギニンやたんぱく質のように骨を伸ばす成分を重点的に摂取していくことが重要になります。

オススメのサプリ:【Dr.Senobiru】

関連記事Related Posts