• TOP
  • 身長を伸ばす中学生

中学生の身長を伸ばす方法

中学生になると夜更かしや朝食抜きなどの悪習慣から身長の伸びが悪くなる、止まってしまうケースがあります。
まずは生活環境から整えることでまだまだ身長が伸びる可能性は高まります。
そのために適した『食事』『睡眠』『運動』『ストレス解消』の方法を実践していきましょう。

1. 身長を伸ばすための食事

骨を伸ばす栄養素を摂取する

身長を伸ばすには骨を伸ばす栄養素を積極的に採りいれることです。
骨を伸ばす効果を期待できる栄養素は数多くありますが、特に『たんぱく質』
『アルギニン』『カルシウム』『マグネシウム』『リン』『ビタミンD』などの骨を作る栄養素を意識的に採りいれことで身長は伸びやすくなります。

朝食はしっかりと食べる

朝ごはんを食べていないという子は身体を動かすエネルギーが足りずに栄養が不足しやすくなります。
朝食には魚介類や納豆、豆腐、味噌汁といったたんぱく質やミネラルを含んだ和食中心の食事が身長を伸ばすためには適しています。

たくさんの食事を用意する時間がないという事情があれば、パン1枚+牛乳よりかはコーンフレークを食べた方が栄養バランス的にはよくなります。
しかし、身長を伸ばすためにはたんぱく質が不足気味であるためコーンフレークにプロテインを混ぜ合わせるなどの工夫が必要になります。
より効果的に身長を伸ばしたい場合はパン1枚にセノビックのような栄養補強ドリンクを飲んだ方がコーンフレークよりはるかに栄養バランスに優れています。

オススメの商品:セノビック

昼食は給食でOK

中学生の時期には、給食の出る学校が多いかと思います。
給食は栄養士が栄養バランスを考えて献立を作っているため栄養素の心配はいりません。
休日などの週二食程度であればカップ麺や菓子パンのように栄養素に気を配らない食事でも大丈夫でしょうが、食べる時間は12時を目安にした方がいいです。
昼食を早い時間にとりすぎると夕食までの間食が増えるかもしれませんし、遅い時間に食べてしまうと夕飯の時間の食事量が減ってしまう可能性があります。
夕食はより栄養素が身体に吸収されやすいため、夕食をより多く食べた方が身長は伸びやすくなります。

おやつにはたんぱく質を多く含んだ食材を

甘いおやつやスナック菓子には身体を作る栄養素を吸収してしまう性質があるため身長を伸ばすためには避けた方がよいです。
オススメのおやつはスルメや煮干し、チーズといったたんぱく質やミネラルを豊富に含んだおやつがオススメです。

オススメの商品:【贅沢のびるんるん】

夕食には肉より魚介類を

身長を伸ばすためには特にたんぱく質が重要になるため肉類からたんぱく質を摂取するのは効果的なのですが、肉類では魚介類に比べて脂肪酸の質が悪いため健康面だけでなく身長の伸びにも影響を与えます。
魚に含まれる脂肪酸には『DHA』や『EPA』といった脳の活性化が期待できる成分が入っていることから頭がよくなる以外にも成長ホルモンの分泌を助ける効果が期待できます。
また、ストレス耐性にも効果があるため精神的に不安定になりやすい中学生には魚介類は特に食べてもらいたい食材です。
魚介類のなかでも特に良質な栄養素に優れている食材が『イカ』です。
イカにはたんぱく質が豊富なこともありますが、注目するのはDHA・EPAが魚に比べて2倍以上も多く含まれているのです。

2. 身長を伸ばすための睡眠方法と適切な運動・スポーツ

22時には寝る習慣を

身長を伸ばすためには成長ホルモンを分泌する睡眠は不可欠です。
なかでも10時~翌2時にかけての時間は成長ホルモンの分泌が活発になるゴールデンタイムです。
しかし、中学生の時期になると勉強時間の確保や部活で帰りが遅いことによって睡眠時間が十分に確保できないことも多くあると思います。
そのような場合には、アルギニンやグルシンといった栄養素によって良質な睡眠をとりやすくなるため、サプリメントの助けを借りるのも効果的です。

オススメの商品:【Dr.Senobiru】

身長を伸ばすための効果的な運動

身長を伸ばすための運動には何がよいのかと聞かれることがありますが、実は身長を伸ばすことと運動は直接的には関連がないため、どのスポーツでもいいというのが答えです。
あえてあげるならバレーボールのようにひざを曲げて全身を使ってジャンプをする運動は筋肉によって骨が伸ばされる効果も期待できるかもしれませんが、重要なのは運動によって身体に溜まった疲労感から良質な深い眠りにつきやすくすることが身長を伸ばすために効果的です。

運動量を増やしたら食事量も増やす

部活動などのスポーツに打ち込むことで積極的に身体を動かす子は小学生の頃に比べて運動量がはるかに増加します。
運動量が増えた分だけ1日のカロリー消費も高くなっているにも関わらず食事力が増えていない場合は身長を伸ばすための栄養素が不足してしまう可能性があります。
可能であれば食事量を増やす、1日4食にしてみるなどの工夫もできますが、どうしても食事を採るのが無理な場合は栄養補強ドリンクやサプリメントで適切に栄養管理をすることも必要です。

オススメの商品:【のびのびスムージー】

サプリメントは服用量を必ず守りましょう

栄養素は取りすぎても全てが身体に吸収されるわけではありません。
採りすぎた栄養分は尿として身体に排出されていくためです。
そのためサプリメントの服用量の2倍3倍飲んだとしても、ほとんどが体外に排出されてしまったうえに内蔵に負担をかける結果になってしまいます。
最悪の場合、肝硬変のような大病を患い一生病院通いを続けなればならないかもしれません。
サプリメントはメーカー側も安全を考えて絶対に副作用を起こさない分量を調整しているため決められた服用量は必ず守るようにして下さい。
一度に多くの栄養素を採るのではなく毎日取り続けることでサプリメントは効果を発揮します。

3. 身長を伸ばすためのストレス解消法

中学生の時期はストレスがついて回る

大人の身体への成長を見せる中学生の時期には、身体の変化に心がついていかずに家族に反抗的になったり、学校内であれば先生や友達関係、また部活や受験勉強などストレスを抱える要素が多くあります。
ストレスを溜めこむことは成長ホルモンの減少にもつながるのでストレス解消を行うことで身長が伸び始める場合があります。

不満は溜まる前に吐き出してしまう

ストレス解消法のひとつとして有効なのが吐き出してしまうことです。
しかし、人に対して怒りをぶつけても相手との関係を悪くするほうが多いので、ストレス解消どころか余計にストレスが溜まるかもしれません。
そこで有効的なのが怒りの気持ちは全て紙に書きなぐってしまうという方法です。
紙であれば怒りの気持ちをぶつけることで相手が傷ついたり言い合いになることもありえません。
そして、吐き出してしまった怒りの気持ちを書いた紙はビリビリッと破いてしまって、ゴミ箱にポイッと捨て去ってしまいましょう。
不満は友人などに話してしまうのもひとつの手段ですが、本当に信頼できる相手でなければ変な噂をされていないか気にすることがストレスにもつながるので話す相手は必ず選ぶことが重要です。

リラクゼーション効果のあるものを試してみる

リラクゼーション効果があるのは音や香り、感触、温もりなどがあります。
音であれば好きな音楽を聴くことは非常に効果的です。
特に自分の世界に浸りたいときにはイヤホンなどで耳を塞ぐことで周りの環境から隔絶することでリラックスする効果が期待できます。
また、アロマキャンドルや香水のような好きな香りを楽しむ、抱き枕やぬいぐるみに抱き着く、暖かい布団の中やお風呂でゆっくりと過ごすことも癒しの効果が期待できます。

スマートフォンの電源を切ってみる

人といつでもどこでもつながることで便利なスマートフォンですが、家にまで対人関係を持ち込むことでストレスを感じてしまうことも考えられます。
思い切ってスマートフォンの電源を切ってしまうことで煩わしい人間関係を一時的に遮断することも大切でしょう。
また、スマートフォンやPCの光には脳を起きた状態にする作用があるため、疲れているのに眠れないと感じることもありますし、眠りについた途端に着信音で目が覚めてしまうといった場合もあります。
布団に入る1時間前にはスマートフォンは電源を切ってしまうことがオススメです。

関連記事Related Posts